タカギフーズについて

役員挨拶

タカギフーズグループは、1987年より、「未来の子供達が安心して、安全に健やかに育つように」を会社の理念として創業いたしました。商品の品質・安全・味の良さを求めるために担当者が産地に赴いて、生産者の顔の見える仕入れを精査して行っています。また、産地と直結することにより流通を単純化して、仕入れ価格を引き下げる努力をしています。タカギフーズグループは牛肉・豚肉・鶏肉の販売を主力に捉えるほか、各種のお肉を使ったミートデリカも自社で製造して各店で販売しております。デリカ商品の中でも、タカギの「すき焼弁当」「ステーキ弁当」「若どりから揚げ」「牛肉コロッケ」は名物になっています。

 平成344月には当社と同じ藤沢市の会社で、ハム・ソーセージ・ベーコン・牛肉コンビーフ・レバーペーストの製造において素晴らしい実績を持つメッツゲライ・オジマと業務提携を開始しました。本場ドイツで認められ、欧州の数々の国際食肉見本市で金メダルを受賞した本格派の製品がタカギフーズグループの店頭に並んでいます。また、こちらの商品を使用したレストラン部門も東京の臨海地区と藤沢小田急レストラン街にオープンしております。

 さて、日本の人口も少子高齢化が進んできました。そのような中で、藤沢市は2030年までは人口の増加が見込まれています。タカギフーズグループ本社のある藤沢市辻堂は温暖で台風・ゲリラ豪雨等の自然災害もなく、江の島や鎌倉といった観光地も近く、市内に4つの大学もあり、環境・福祉も充実して、「住みたい町」全国ベスト3に入る最高立地です。インフラ整備も整い、関東圏と接続する圏央道の完成により、湘南海岸を訪れる観光客は外国人を含めて年間2000万人を超す勢いです。交通・物流の所要時間は半分にまで短縮されました。また、コロナウィルス感染による影響でリモートワークをするようになり、海が近い湘南に移住する人が増えています。

 タカギフーズグループは食肉からお惣菜、レストラン(外食)まで、「食の安全」「高品質な商品」を提供することによりお客様との信頼関係をより深めて、ふれあうすべての人々とのご縁を大切に、信頼される経営を続けて参ります。




「あたたかさ」+「厳しさ」で後世に続く社員を育成

2017年6月に株式会社タカギフーズの社長に就任いたしました。

私たちはプロの仕事師として常に真剣勝負です。

職人であり、料理人、商売人でもあるのです。

タカギフーズに従事する者は「職商人」たれ。

職人と言うのは「よい品物をつくる人」、商人と言うのは「その品物を正しく理解し、分かりやすく丁寧に伝える人」。

両方を兼ね備えた人が「職商人・プロ」であり、そう言う人財の育成が一番重要だと考えています。

デベロッパー様、お客様から信頼され、喜んで頂く為に、手を抜くことはありえませんし、仕事は厳しくて当たり前だと思っています。

私たちが目を向ける先にあるのは、お客様です。

商売人として、常にお客様のことを考え、お客様に還元するという気持ちを大切にし、責任と誇りをもって仕事をしています。

現場の社員ひとりひとりが、お客様と向きあい、きっちり商売するという一貫した思いをもつ事が大切であり、その基本を忘れずに継続していくことはとても難しいのですが、目標とプライドをもって仕事をすることで結果がついてくる、と信じています。

入社して30年以上になりますが、当時から変わらない喜びは、店舗でお客様がかけてくださる言葉です。

「おいしかったわよ」「また買いに来たわよ」というお声掛けが、私たちに対する評価で。

これこそ何よりの生きがいだと感じています。

売り上げをあげるポイントは、お客様からの評価です。自信をもっておすすめする商品が、お客様から支持を得て、宣伝していただくことで、間違いなく売り上げアップにつながります。

お客様とひと口に言っても、年代層や個人の好みによって求める商品が異なりますので、買いに来てくださるお客様一人ひとりと真剣に向き合い、お客様が望む商品を提供しつづける事。

また、私にとって、後輩が育っていくのは喜びでもあります。自分の子育てと一緒で、何かあれば守るという覚悟で、熱意をもって部下を育てています。

これからも、「厳しさ」と「あたたかさ」の両面で、後世に続く社員の育成に力を注いでいくつもりです。

会長から受け継いだ100年続く企業」が、私たちの目標であり使命です。自分たちが卒業したあとも、長く愛される企業に育っていってほしいと願っています。

株式会社タカギフーズ 取締役社長 和泉 吉宣




「あたたかさ」=「幸せ」。社会全体の幸せを願って……

昭和62年(1987年)設立のタカギフーズ株式会社は、2021年に36年目を迎えました。

これも、ひとえに弊社をごひいきいただきましたお客様並びに関係各社のおかげと心より感謝申し上げます。

さて、タカギフーズは、創業時より「未来の子供たちが安心・安全に健やかに育つように」との想いを、経営理念として掲げてまいりました。このために産地へ赴き、「食肉の安全・品質の良さ・おいしさの追求」を責務として取り組んでまいりました。

さらに次の時代に向かうため、新たに「あたたかさ」という経営コンセプトを追求するに至りました。「人にあたたかく、お客様にあたたかく、社会にあたたかく、世界にあたたかく……」を目指していく所存です。

私の考える「あたたかさ」のイメージは「幸せ」です。幼少時代は、3人兄弟を含め家族全員で食卓を囲んでいました。

家族団らんの原点は、あたたかい食卓にあり、幸せの根本は、家庭にあると実感しています。独身既婚は関係なく、実生活そのものを楽しんでいる人は、「あたたかく幸せな生活」を送っているのではないでしょうか。

幸せな生活が仕事の意欲につながり、仕事の意欲はお客様に伝わり、ひいては社会に伝わっていきます。

タカギフーズの究極の願いは、社会全体の幸せです。

現在、首都圏を中心に、食肉専門店、総菜専門店を展開し、品質第一主義、お客様第一主義をモットーに、安心安全の食品をお届けしています。「日本一あたたかい会社」を目指し、幸せな社会が築けるよう、さらなる成長を遂げていきたいと思います。

株式会社タカギホールディングス 取締役社長 高木 透




昭和62年の創業以来、タカギフーズグループは、一貫として食肉の小売りに携わり、地域のお客様、お取引先皆さまのご指導、ご鞭撻を頂き温かいご支援により、今日まで発展してまいりました。

また弊社会長が掲げた【未来の子供達に笑顔と安心を‥‥】と云う会社理念をモットーに日々営業に邁進しております。

日本の経済は、著しく成長する一方で、食品は飽和デフレ傾向が続きまた安心、安全、企業コンプライアンスが厳しく問われる時代になり食に携わる者としての行動、言動、その責務はますます重要であります。

弊社の扱う商品は、食肉、食肉加工、総菜といずれもお肉を軸とした商品です。特に各地域に合った品揃え、価格を大切にし、お客様からのご要望に常にお応えする営業姿勢を持っております。

また品質、鮮度、接客、クリンリネス等常に問題意識を持ち商品、売り場をどのように演出するのかも重要な課題となっています。

弊社は、常にこうした課題に正面から取り組みお客様にご満足して喜んでいただけるよう取り組んでまいります。

これからも関係各位の皆様からのご指導を宜しくお願い致します。

株式会社神奈川タカギフーズ 取締役社長 高木 誠

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ネットショップ店長ご挨拶

株式会社タカギフーズに入社して21年、各店の店長なども経験し、今は藤沢第一工場の工場長も務めております田中義政と申します。
神奈川県藤沢市の出身で趣味は海釣りです。

藤沢第一工場で老舗の尾島肉店の味を継承しつつ、タカギフーズの販路と責任において片瀬山コンビーフや片瀬山ソーセージなどを生産しております。
また、ネットショップの店長も務め、タカギフーズの扱う名品の数々をギフトで、あるいはご家庭で楽しんでいただくお仕事もさせていただいております。

子供も大人も大好きなお肉を、安心で安全に食卓にお届けすること、現在は対面のお店での勤務ではないだけに一層の緊張感を持って取り組ませていただいております。
新型コロナ禍を経験し、今まで以上にネットでのお買物が増えている昨今、多くの方がタカギフーズのお肉にご満足をいただけるように頑張ってまいりたく存じます。
店長日記はこちら >>

ページトップへ